Adox_logo

お知らせ

2022/04/21
国立大学法人滋賀医科大学HPにてAdoxの新型コロナウィルスに対する不活化効果がプレス発表されました。リンクはこちら
2022/02/11
「清潔を持続する」真抗菌の実現のためにAdox CLシリーズをリリースしました。
2021/09/09
アドックス3製品が新型コロナウィルス不活化の承認を受けました。
2019/12/24
株式会社ニッショー化学ホールディングスは、株式会社アドックスに社名変更しました。

真抗菌(除菌・抗菌+防カビ)

防カビ抗菌剤・Adox

いま世界は新型コロナウィルス蔓延による未曽有の混乱に陥っています。
一つの型が落ち着きを見せるとまた変異型が発生しイタチごっこの様相を呈しているこの社会状況は「withコロナ」としてまだしばらく続くことが予想されます。

ウィルスが増殖するメカニズム

「ウィルスは生物であるか」といまだ議論されているように、ウィルスは自身で増えることができません。ではどのような手段で大流行を起こすかというと、細菌を宿主としてその細胞内で自己を複製し増殖します。このウィルス増殖に必要な宿主の筆頭がカビ(真菌)なのです。

根本的なウィルス対策は、カビへの対処なくして完成しません。
ウィルス単体への不活化試験、1~数種の菌への対応試験を通過しただけの除菌剤では、ウィルス増殖は止められません。殺菌し続けるだけでは解決できないのです。

Adoxが提唱する『真抗菌®

Adoxの誕生は木材に発生するカビへの対策に端を発します。木の臼に生えてしまう各種カビに悩まされ、しかし口に入るお餅をつくる臼に強力な防カビ剤を使用するわけにもいかず、試行錯誤の末に完成したのが確かな効果と持続性と安全性を兼ね備えた夢の抗菌剤「Adox」です。

Adoxは菌を滅するのを目的とするのではなく、菌の悪影響を抑え、無害化を長期間継続する「共存」を目指しています。強い薬剤を使えばその場の菌は死滅しますが、空気中には浮遊菌という同種の菌が無数に存在しており、薬剤の効力の消えた「空白地帯」に再び増殖を始めます。しかも強い薬剤の繰り返しの使用はそれだけ強い耐性菌を生み出してしまうのです。市販の風呂のカビ取り剤は数年おきに濃度を濃くせざるを得ないため、現在では発売当初よりも非常に濃く危険性も高い薬剤となってしまいました。

Adoxの衛生管理は、「忌避効果」という反応が特徴です。Adoxは殺菌剤のように菌の細胞の核まで破壊せず、周りにある細胞壁のみを壊します。すると瞬間的に死滅しなかった菌により同種の浮遊菌に対し「危険信号」が発せられ、菌が近付かなくなります。細胞壁を壊された菌はその後死滅し、衛生空間が維持されるのです。
これが、耐性菌を生まないAdoxの抗菌メカニズムです。

ウィルスへの構造的な対策にもAdox

冒頭でも述べたように、ウィルスは単体では増殖できず、必ず宿主が必要です。その宿主の筆頭であるカビを長期間防ぐことが根本的なウィルス対策となります。
Adoxは長年研究を重ねて誕生した実績のある「防カビ剤」です。